飛騨高山の牛まんについて、その魅力と謎に迫ります!

スポンサードリンク


牛まんとは

牛まん屋出現

お正月に高山に帰省したとき、ぶらぶらと市内を散策していたときのこと。古い町並みの辺りを歩いていたら、そのお店にバッタリ出くわしました!

牛まん( ̄◇ ̄;) …」 牛まんって何ぞや?

お店に前には、何人かのお客さんが購入していて、おいしそうに謎の牛まんをほおばっていました。「新たな高山名物か〜」って思いましたね、直感的に。私に内緒で、牛まんは一般公開されていました。

「牛まん総本舗」というのも、非常に気になります。姉妹店もすでにあるんだろうか…そのときは余りの驚きに、味見をすることなく、そそくさと退散してしまいました(((((((・・;) サササ

牛まん

不思議な牛まん

牛まんの具は?

私が想像するに、肉まんの具が、飛騨牛に変わったものだと推測しています。もし私の推測が正しければ、味はかなりおいしいはずです!無事高山名物として定着するのでしょうか!?牛まんの今後の展開が楽しみです!

今度高山に帰ったとき、勇気を出して挑戦してみますね〜(^〜^) 写真もアップして、具の内容などを詳細にお伝えしていきますので、乞うご期待♪

飛騨牛を使用した商品は、今後も増えていくのでしょうか…観光客の要望があれば、新メニューが追加される可能性大だと思います。

牛まんの正体をつきとめた!

美人姉妹が作る牛まん

牛まんお店

2007年、春の高山祭りに帰省したときに、勇気を振り絞って、牛まん店の前に歩を進めました。

牛まん店員

店内に入ると、自称「美人姉妹」がお出迎え!

「いらっしゃいませ!ピチピチの牛まんはいかがですか♪♪」

店の奥からは、このお店のドンと思わしき人が、私のことを注意深く観察していました。「こいつは、買うのかな・・・」と見定めていたのかもしれません。

牛まん正面

「美人姉妹」に素直に400円を渡し、ついに牛まんと感動のご対面です(^^) 「飛騨牛」という焼印が美しい〜〜

牛まん中身

写真を見ていただければ分かりますが、牛まんの中身はすき焼き風の具がぎっしり詰まっています。

適度に味付けもされていて、飛騨牛のうまみも、ギューッと閉じ込めれれています。かなりのボリュームで、小食の女性ならお腹が一杯になると思います(笑)

一食の価値あり!星3つ☆☆☆

次回は「おやき」の味に迫りたいと思います。

スポンサードリンク


あなたは今、「飛騨牛まん」にいます。


copyright© 飛騨高山観光ナビ All Rights Reserverd.

TSUTAYA DISCASの無料お試し