高山市図書館には、飛騨高山に関するたくさんの本があります。

スポンサードリンク


高山市図書館「煥章館」とは

高山市図書館が新しくなった!

2008年8月のお盆休みに、飛騨高山に帰省しました。その時に新しくなった高山図書館に行ってきたんです。ものすごく立派な建物になっていました。

飛騨高山

入り口の作りも見事で、重厚感あふれる門構えです。図書館の敷地内には駐車場も完備されているので、車でお越しの際も便利です。

高山市 図書館

図書館の中は天井が高く、奥行きがあって、広々としています。柱や本棚、そして学習机はすべて木でできていて、とてもリラックスできます。まるで森の中で本を読んでいる感じです(^^)

朝市

煥章館の中には「高山市近代文学館」というのが併設されています。中に入ると、飛騨高山の歴史や、文学的に優れた業績をあげた方の作品などが展示されています。とても静かな雰囲気の中で、荘厳なひと時を楽しめます。

飛騨牛 高山観光

高山市図書館の蔵書

高山市図書館は古い町並みの一角にあります。歴史が古く、扱っている本も飛騨高山の歴史書をはじめ、文芸書、伝記、ノンフィクション、教育関連など幅広いです。

高山のことを詳しく調べたいときは、高山市図書館に足を運んでみてください。他の図書館にはないような、貴重な本も蔵書となっています。子供向けの本もたくさんあるので、よく親子連れも訪れて絵本を借りていきます。

館内は落ち着いた雰囲気で、みんな読書に集中しています。私が学生のときは、高山市図書館にきてよく勉強していました。夜は9時30分まで開館しているので、学校帰りによく立ち寄りましたね〜静かなので集中できて、勉強もはかどります (^^) 時々睡魔に負けてしまうこともありましたが…

高山市図書館と市民

図書館は憩いの場

高山の冬は長いです。高山は雪国なので、冬は家で過ごす時間が多くなります。必然的に読書にふける人が多くなるんですね。他にやることがないときは、ほんの世界にどっぷり浸れます。むしろ読書のために、他の用事をさっさと片付けることもあります( -.-)ノ

私は無類の本好きです!特に好きな本は、伝記や歴史書。今は経済関連の本をよく読むようになりましたね〜もちろん普通の小説も読みますよ。高校時代が一番本を読んだかな。1日1冊ペースで読んでいましたね。シュリーマンの「古代への情熱」は、今での内容が脳裏に焼きついています。特に、受験勉強の合間によく読んでいました。

読書はストレスの解消になるし、勉強のつらさを忘れさせてくれるありがたい存在でした。 高山市図書館は私のような本好きの方にとって、憩いの場となっています。館内も改装され、木のぬくもりが感じられる、綺麗な内装になりました。

高山市図書館「煥章館」
高山市馬場町2丁目115番地
TEL:0577-32-3096
開館時間:午前9時30分〜午後9時30分
高山市図書館HPはコチラ!

スポンサードリンク


あなたは今、「高山市図書館」にいます。


copyright© 飛騨高山観光ナビ All Rights Reserverd.

test